ホーム   >   活動報告  >  会員活動報告  >  47.西伊豆の自然と親しむ会

会員活動報告
47.西伊豆の自然と親しむ会
 本会は、平成15年に「静岡県地域の子どもを育む推進事業」として発足しました。
 海・山・川が身近にあっても、親子でそれらに触れることが少なくなったのではと感じ、親子を対象に観察会を行っています。
 ○故郷のいい所を見つけて故郷を好きになろう
 ○故郷の人たちと共に、故郷を誇りにしよう
 ○故郷を大切にして、自然と共存しよう
という願いを掲げて活動をしています。
 活動は5月~12月(8月を除く)の間、月1回のペースで年に7回行っています。

全員で双子山の頂上
今年の活動(予定)は
5月 浮島(西伊豆町)潮だまりの観察
6月 弁天島(松崎町)化石の観察
7月 大沢(松崎町) 川の生き物観察
9月 富士山(御殿場)双子山登山
10月 大滝(西伊豆町)
11月 宮が原(西伊豆町)音無し川の観察
12月 安城公園(西伊豆町)樹木の観察


さあ出発 バスを降りた所
 会の10周年の節目に、それまで観察した場所を中心に観察マップを作成しました。その中に、富士山の見える地点を特に記載するほど、西伊豆町、松崎町の西海岸に住む者にとって富士山は特別なものです。
 9月に念願かなって御殿場口新五合目まで行き、双子山に登ることができました。この経験は、参加者の皆さんを、ますます富士山が好きになり、富士山をこれからも大事にしていこうと言う気持ちにさせてくれたと確信しています。
 登った子どもたちは
『大きくなったら天辺まで登る!』
と張り切っています。

一覧に戻る