ニュースクリップ
Revised Last:2018.7.24 5:15PM
新聞に掲載された、富士山に関する記事の見出しを、クリップしていきます。
日付/新聞社
記事の見出し
2017年10月
31日(火)
静岡
富士山3ルート 来月順次冬季閉鎖
31日(火)
毎日
富士5合目への県道3路線閉鎖 来月から順次
31日(火)
読売
富士山ナンバー 図柄入りデザイン公募へ
26日(木)
静岡
霊峰秀麗 雪の帽子
25日(水)
静岡
「県が誇れる施設に」初代館長就任発表 遠山氏が豊富 富士山世界遺産センター
25日(水)
産経
初代館長に遠山元文科相 富士山世界遺産センター
25日(水)
朝日
初代館長に遠山さん 県富士山世界遺産センター
25日(水)
毎日
館長に遠山元文科相 県富士山世界遺産センター
24日(火)
静岡
初代館長に遠山氏 富士山世界遺産センター
21日(土)
静岡
吉田口4000人超で混雑 山頂、富士宮口は2000人
21日(土)
中日
吉田口4000人超で富士山頂大混雑
16日(月)
毎日
富士山 診療患者数488人 昨年比59人増
16日(月)
静岡
「共存共栄」描けるか 地域の課題 5区 環富士山連携
14日(土)
静岡
携帯トイレ回収箱設置 富士宮口5合目
11日(水)
読売
富士登山「著しい混雑」定義 人数の目安設定へ
11日(水)
静岡
登山者数 指標を検討 学術委報告書 混雑時の安全確保へ
6日(金)
読売
夏の富士登山 油断禁物 7〜8月 54人事故、重傷も
2017年9月
29日(金)
読売
富士登山者↑ 入山料協力率↓
29日(金)
静岡
富士登山者28万人 本県側11万人 前年比16%増加
27日(水)
日経
畜産業 お荷物から発電 鶏ふん燃料に変える
23日(土)
毎日
富士山と茶畑表現 県のお茶博物館 シンボルマーク決定
15日(金)
静岡
カウントダウンボード設置 世界遺産センター 開館100日前
15日(金)
静岡
入山料徴収5200万円 県発表 550万円増も目標8割
15日(金)
毎日
入山料5204万7583円 今季 前年比552万円増
15日(金)
中日
富士山入山料552万円増 昨季比 静岡側、協力者5852人増
13日(水)
静岡
富士山清掃活動1年かけ踏破 「地元へ愛着深まる」
13日(水)
静岡
富士登山者 本県側6863人 8〜10日
13日(水)
読売
美しい富士守りたい 中学生 田野倉明里 14(東京都八王子市)
12日(火)
毎日
3登山道冬季閉鎖
12日(火)
静岡
富士山美化に10万円寄付
12日(火)
静岡
山梨側登山者22万人
3日(日)
日経
化学者も登る夏の富士 旧測候所 大気や雷を観測
1日(金)
静岡
富士山夏山期間の無事感謝し閉山式 御殿場

 過去の記事
2018年7月・8月分
2018年1月・2月分2018年3月・4月分2018年5月・6月分
2017年7月・8月分2017年9月・10月分2017年11月・12月分
2017年1月・2月分2017年3月・4月分2017年5月・6月分
2016年7月・8月分2016年9月・10月分2016年11月・12月分
2016年1月・2月分2016年3月・4月分2016年5月・6月分
2015年7月・8月分2015年9月・10月分2015年11月・12月分
2015年1月・2月分2015年3月・4月分2015年5月・6月分
2014年7月・8月分2014年9月・10月分2014年11月・12月分
2014年1月・2月分2014年3月・4月分2014年5月・6月分
2013年7月・8月分2013年9月・10月分2013年11月・12月分
2013年1月・2月分2013年3月・4月分2013年5月・6月分
2012年7月・8月分2012年9月・10月分2012年11月・12月分
2012年1月・2月分2012年3月・4月分2012年5月・6月分
2011年7月・8月分2011年9月・10月分2011年11月・12月分
2011年1月・2月分2011年3月・4月分2011年5月・6月分
2010年7月・8月分2010年9月・10月分2010年11月・12月分
2010年1月・2月分2010年3月・4月分2010年5月・6月分
2009年7月・8月分2009年9月・10月分2009年11月・12月分
2009年1月・2月分2009年3月・4月分2009年5月・6月分
2008年7月・8月分2008年9月・10月分2008年11月・12月分
2008年1月・2月分2008年3月・4月分2008年5月・6月分
2007年7月・8月分2007年9月・10月分2007年11月・12月分
2007年1月・2月分2007年3月・4月分2007年5月・6月分
2006年7月・8月分2006年9月・10月分2006年11月・12月分
2006年1月・2月分2006年3月・4月分2006年5月・6月分
2005年7月・8月分2005年9月・10月分2005年11月・12月分
2005年1月・2月分2005年3月・4月分2005年5月・6月分
2004年7月・8月分2004年9月・10月分2004年11月・12月分
2004年1月・2月分2004年3月・4月分2004年5月・6月分
2003年7月・8月分2003年9月・10月分2003年11月・12月分
2003年1月・2月分2003年3月・4月分2003年5月・6月分
2002年7月・8月分2002年9月・10月分2002年11月・12月分
2002年1月・2月分2002年3月・4月分2002年5月・6月分
2001年7月・8月分2001年9月・10月分2001年11月・12月分
2001年1月・2月分2001年3月・4月分2001年5月・6月分
2000年6月・7月分2000年8月・9月分2000年10月〜12月分
2000年4月・5月分