ホーム   >  活動報告  >   富士山エコレンジャー

富士山エコレンジャー

富士山エコレンジャーとは

富士山には、7月から8月に集中して多くの登山者や観光客が訪れています。 近年の登山者の増加や国際化を背景に、ごみの投げ捨て、トイレの使用問題、 登山道を外れて歩くことによる植生の踏み荒らしなど、マナーやルール違反による環境への影響が懸念されています。
そこで、ふじさんネットワーク会員有志からなる「富士山エコレンジャー」は、 富士山に訪れる人に対し、マナー啓発等を行い、富士山憲章の周知・定着、富士山の豊かな自然環境の保全、継承を図るボランティア活動を行っています。

活動内容

来訪者へのマナー啓発

富士山の豊かな自然環境を保全するために、マナー啓発を行っています。(ごみの持ち帰り、登山道を外れて歩かない、トイレの使用方法や協力金のお願いなど)

来訪者への自然解説等

富士山での滞在を楽しみに、喜んで繰り返し訪問していただけるように、自然、文化、歴史などの解説や、怪我や事故の無いように情報提供を行っています。

動植物の保護とその情報収集

富士山の貴重な動物や豊かな森林等を保護する活動を行い、また現地で情報収集し、必要に応じ関係機関に報告しています。

活動条件

富士山地域(富士宮市、富士市、御殿場市、裾野市、 小山町における富士山火山溶岩等の噴出物の占める範囲)において、原則として月1回以上の活動( 年間4回以上の富士山五合目以上での活動を含む)をしています。 富士山スカイライン、ふじあざみラインのマイカー規制時期には、シャトルバスに乗車して、マナー啓発や自然解説などを乗車中の登山者に行っています。

現在の活動者

平成28年度は15名が登録し活動しています。

活動中の「富士山エコレンジャー」

  マナー啓発活動だけでなく、山頂までの所要時間や植物の名前など様々な質問へ対応します。 (写真左)
外国人登山者に対してもマナー啓発活動を行っています。(写真右)

富士山エコレンジャーになるには

※現在募集を停止しています。

毎秋頃から行われる『富士山エコレンジャー講習会』(富士山の自然や歴史、文化などの幅広い知識と救命救急などの実技)を受講し、所定の単位を取得すると、富士山エコレンジャーとして登録され、翌4月から活動できます。
講習会の詳細は、ふじさんネットワーク通信等でお知らせしています。

エコレンジャー活動を見てみたい!富士山の環境保護に関する知識を得たい!と思われる方には、学習会やエコレンジャーの合同活動についての情報を御提供いたしますので、是非事務局へ御連絡ください。

ふじさんネットワーク事務局 静岡県 くらし・環境部 環境局 自然保護課 富士山保全班内
 〒420-8601静岡市葵区追手町9番6号 TEL:054-221-2963 FAX:054-221-3278
 E-mail:3776fuji@pref.shizuoka.jp